メールのスヌーズ設定をGASにやらせる

DropBox社がやっていた今は亡きMailBoxを出た当初からずっと使っていたんですが、サービス停止とのことで普通のMacやiPhone標準の「メール」に乗り換えていました。

ですがあの時便利に使っていたスヌーズ機能が無性に使いたくなる場面というのが来るんですが使えません。別アプリでスヌーズ機能が付いているsparkやGoogleのInboxもありますが物足りないというかなんというか、すぐに標準の「メール」に戻ってしまいます。Inboxは「Androidっぽさ」が出てて操作しづらいと感じてますし。現状のメールの機能には満足しているんですがスヌーズだけが欲しかったのでGASにやらせることにしました。メールアカウントは複数持っていますが、基本GmailだしGmail経由でメールの送受信をすればスヌーズ設定も使えるようになりますし。

コードがこちら

スクリーンショット 2017-04-09 23.12.31.png

SnoozeMail

(wordpressのエディタがコード貼り付けづらいのでスクショ貼り付け&コードの共有です)

あらかじめSnoozeラベルを作ってSnoozeラベルを親にしてMorning,Night,Weeklyラベルの作成、フィルタの設定やら手動でラベル付けて以下のコード実行のスケジュール設定しておけばいい感じに実行されると思います。

スクリーンショット 2017-04-09 23.17.37.png

広告

立川シネマシティの予約完了メールをGASでカレンダーに登録する

自分自信の記憶力を全く信用していないので、立川シネマシティのようなweb予約ができる映画館で予約した時には開始時刻をカレンダーに追加して毎回映画館に向かって対象の劇場と時間を確認できるようにしているんですが、とても面倒臭くてしょうがない。メールを見直せばいいんですがメールアプリ開いて対象のメールがインターネットからダウンロードするのを待って劇場と時間が書いてある箇所を見つけて「あれ、シネマツーに向かってたけどシネマワンじゃん」ってなって回れ右して急いで向かってチケットを会員証とリンクしたFeliCaカードで発券してドリンク買っていくとギリギリになっていて息が切れることが多々あった。簡単に劇場がわかるようにしておく必要があった。

かといってマンパワーを信用して頑張って記憶するのはしたくない&出来ないのでGoogle Apps Script(GAS)で「予約完了メール」が届いたら「カレンダーに追加」「予約完了メールを既読とアーカイブする」「slackに追加した事を通知」を自動化しました。一通りの作業手順と完了通知をさせてきちんとわかるようにしている。

カレンダーに追加された時の表示はこんなかんじ

スクリーンショット 2017-04-09 20.35.59.png

slackはこれ

スクリーンショット 2017-04-09 20.35.45.png

iPhone通知も見やすい感じに。

IMG_1531.png

コードは共有したのでこちらになります。各自コピーしてお使いください。

CinemacityReservationCalendar

slackのトークンはここから取得してください。自分のトークンを発行して書き換えてください。

OAuth Tokens for Testing and Development | Slack

プロジェクトのトリガーとかは自分は割と控えめに15分ごとで設定してあります。

スクリーンショット 2017-04-09 22.25.27.png

絵文字が入ってるとシネマワンとシネマツーの場所が一目でわかるので良いですね(シネマワンとシネマツーの場所は違います)。まだまだ素振りなので他にも自動化していきたい。

ちなみに攻殻機動隊の感想ツイートはこちらになります。