ラジオが90年続いた理由📻とこれからブームになる理由🌅

私が初めてラジオを聴いた時は「まもって守護月天!」のラジオ番組でした。

当時、小学生の時にハマって読んでいた漫画だったんですが、アニメ化した際の声優がやっていたラジオ番組。文化放送でやっていたと思います。その存在を知って物凄く聞きたくて母にラジオの聞き方、録音の方法を教わった思い出があります。

ですが自分が住んでいたアパートの部屋からはラジオが上手く聞けず、毎回ベランダに出なければいけないのと、「音だけで会話を理解して頭の中で組み立てる」という作業というか、頭の回転の仕方が不慣れだった事もあり、面白さがわからず、そのうち聞くのをやめてしまいました。

あれから15年(綾小路きみまろ風)、今は毎日ラジオ番組を聞くようになりました。それはラジオが、ラジオだからこそ空気が伝わり🗣、マスではなくキュレーターからの娯楽🎪で、何よりも耳がまだ空いている👂からだと思っています。

まずは90年経ったラジオの話から。

日本のラジオは始まって90年経った

アーアー、聞こえますか。……JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始致します

ラジオ – Wikipedia より引用

まず初めにラジオの始まりから、1925年(大正14年)3月22日9時30分 から日本のラジオ放送が始まりました。今が2017年なので92年前です。上記の引用はその時の最初の放送での言葉です。

そんな大昔のメディアであり娯楽であるラジオが、音しか伝えることができないラジオがワイドFMが開局によって変わり、radikoの存在とタイムフリーでネットとの親和性と時間の束縛がなくなりました。

content_radio_784px
「ラジオは、いま買え。」ワイドFM開局、今までAMでしか聞けなかったラジオ放送局がFMでも聞けるようになって、綺麗な音で、聞けるようになりました。それと電気屋がラジオを売り出す口実ができた!
スクリーンショット 2017-06-17 13.08.26
ラジコの楽しみ方、インターネットが繋がっていれば聞けて、タイムフリーによって過去のラジオコンテンツが1週間以内ならいつでも聞けるようになった

90年経ったというのに新しくて大きな変化がありました。「コンテンツを広く楽しむ」ための土壌が出来上がってきた。

娯楽コンテンツがそこら中にある今の世の中に、新しいものが出たら少しはやってまた次の新しいものが出て来る世の中に、こんな90年も経っている古い娯楽がまだ残っているなんて、ちょっと不思議ですよね。

🗣空気が伝わる

嘘、冗談、歓迎のための弄り、仲間に入った感じにさせるためのお決まりのキャッチボール、嫌なことを伝えているがその人を嫌いになったわけではないこと、誰かを信頼しているということ、傷つけたくないが面白くはないこと。全部伝わって来る。

文章や切り抜きの言葉、歌詞や「全体の集まりの空気を読んで発言する一言が重要なテレビ」だけではわからない、その人の考え方や何を重要にして、どんな過去がありそうだ、と読み取れる(聞き取れる?) 耳で聞きながら頭の中でどんどんとその人自身が膨らんで行く感覚。

その人を構成している情報や今の空気感が伝わるので無限の楽しみが生まれて行く。

🎪マスではなくキュレーターからの娯楽

本屋さんが潰れない理由は確実にあって、インターネットを使って欲しい本が瞬時に探し出せて、ワンタップで買えて家に届くのに本屋さんは潰れきっていない。

それは「本と四六時中触れ合って生活している人が良いと思った本」が行けば並んでいる空間が本屋さんであり、数多くある本の中で売り場面積の都合から厳選していい本をキュレーションしてくれる本屋さんがインターネットの本屋さんとの差別化ができているので潰れて居ない本屋さんがまだまだ沢山ある。

同じことがラジオでも頻繁に起きている。というかラジオはキュレーターのメディアであり娯楽だ。

ラジオは1人から2人、多くて3人でやるのが主流で、ラジオメールやハガキを読むために上から順に読んで行くということはなくて、面白かったり都合が良いものをキュレーションして読まれて、日々の出来事やニュースを話し手がキュレーションして話されていく。

インターネットの本屋さんは無目的の人にはランキングというマスの仕組みぐらいしか提供ができないが、ラジオは話し手のキュレーターとしての能力がもろに出て「その人の価値観から来る話」が超重要なコンテンツになっている。

これは話し手の数だけ無限にコンテンツが生えて来るのでキリがなく、超面白いコンテンツです。

👂耳がまだ空いている

目から入って来る情報は目で見ないと入ってきません。当たり前のことですがこれは非常に大きなデメリットです。

このデメリットのおかげで、人の目につきやすい目立つ広告や目に入りやすいページデザイン、目に入りやすい操作方法や目に入りやすい画面サイズ、目で解りやすいように人の世界が構成されています。

目で見て生活しているので当たり前の事ですが、目で認識できる事は情報量が多いというメリットがあるので、目を使って認識する情報や娯楽が無数に存在しています。言ってしまえばコンテンツを作成する側は目の奪い合いです。

だけど、耳は空いています。耳の穴が空いているので耳で感じられる事はまだまだ可能性があります。イヤホンをしていたり、「音がしている場所」だと音が混ざってしまってどちらも意味をなさなくなるデメリットはあるのですが、道行く人たちの耳は空いている。

耳が空いているのであれば、それで楽しむ余地がまだまだ存在している。

まとめ

(あと細かいことを言うとradikoが電通と組み、TBSラジオが始めたラジオクラウドが博報堂と組んでいるので人は流れて来るだろうなとは思います)

以上のことからラジオがブームになると言えるのではないか、と思います。というかもうなっているんですかね?ラジオ業界の外野からヤイヤイ言ってるだけなので、業界の人からも色々と聞いてみたいものですね。

興味があればこちらも御覧ください💁

ラジオに興味が出たけど何を聞けばいいかわからない方

タイムフリーで聴ける最強のラジオ番組を紹介 – 手帳は続きません

個人でやっているpodcastもあるので、こちらも良ければ聴いて見てください

yatteiki.fm

タイムフリーで聴ける最強のラジオ番組を紹介

タイトルは釣りです。

当方、radikoのタイムフリー機能のURLをTwitterから収集し、ランキング形式で紹介する「片手間に聞く今日のラジオ | 毎日更新の今聞けるラジオ紹介ブログ」を運営しています。このサイトは11月後半から毎日続けてもうすぐ3ヶ月更新しているので、それなりにその日流行りのラジオが何なのか、知見が溜まってきたのでおすすめラジオを紹介してみます。

対象読者としては

  • はじめてラジオを聞いてみるが何が良いのか解らない
  • radikoでもっと他に面白い番組が無いのか知りたい
  • 作業用BGMを探している
  • radikoのタイムフリー機能を知っている

辺りでしょうか。radikoのタイムフリー機能(=シェアラジオ)を宣伝したり「知るきっかけ」になるものが少なく感じているので、シェアラジオを知らない人にも知ってほしいです。(最近はシェアラジオで聴ける事を知らせるラジオCMも出てきましたが)「ラジオ聞き慣れてきたしニッチな番組を知りたい!」という人向けではありません。

こんなタイトルにしているのでradikoのタイムフリー機能は知っている前提です。念のため解説リンクはこちらです。

タイムフリーとは? – radiko.jp

それと自分が文化放送とニッポン放送を好んで聞き、リアルタイムではTOKYO FMを聞くような人で声優好きなので片寄りがあると思います。なるべく片寄りなくしてるつもりではありますが。

番組紹介

一番は自分が好きなアーティスト、俳優、お笑い芸人、声優などを検索してそのラジオを聞くのがいいです。終了。ですが、広く人気な取っかかりに丁度良いおすすめなラジオを紹介します。

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD

cl_20161007131418_3176665.jpg

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD | 検索結果

バナナマンを知らない人は居ないです。その根拠はレギュラー番組数ランキング1位だから。

最初にラジオを聞く時に重要なのは「知っている人の話かどうか」が一番重要だと思っています。なぜなら自分がそうだったから。知らない人の話を聞くための脳に切り替えるのはどうしたって集中力が続かなくなる。その一つのハードルを越えてくれるバナナマンの設楽統はめちゃくちゃ強い存在です。

なおかつラジオが面白い。レギュラー番組が多いと稼いでるイメージが付くかも知れないがそんなことは無く、TBSの近くにある庶民的な定食屋の「かおたん」に行ってる話やちょっと高い座椅子を買うかどうかの話、個人的ベストは「好きな料理のジャンルの順位付け」の話で洋食は料理のジャンルに入るか等々、非常に庶民的な、普段の生活が見えてくる良いラジオです。

初めて聞く人のためにお決まりのセリフや解りづらいネタが出てくる時には一々説明してくれるのも紹介しやすく話してくれているのでオススメです。何点かあらかじめ説明しておくとすればリスナーからのメールを読む時には設楽統は「カイザー設楽」、日村勇紀は「ヘチマ」「たけし」、メールの最後には「日村ファック!」で締められる。お決まりであり毎回日村がそれにキレて設楽がたしなめる空気がありメールを読まれた人にとってはしっかりその空間に関われて凄く嬉しい瞬間になる良いシステムがある。

オードリーのオールナイトニッポン

cl_20161011112221_4754225.jpg

オードリーのオールナイトニッポン | 検索結果

オードリーも知らない人は居ないでしょう。知ってる人だから聞くことが出来る脳になるのが容易。

バナナムーンゴールドよりもこちらはガツガツしている。若林が番組を仕切って「面白いことをしたい」という雰囲気がにじみ出てくる。全てが面白くするためのフリでありネタになっている。自分はお笑いはそこまで詳しくは無いのですが高度なお笑い(高度なお笑いとは)ではなく、ある程度「これはネタなんだな」と解りやすい話をしてくれているので取っつきやすくもある。「嘘を嘘と解る人」になるための練習にもなるかも知れない、バカ正直に話してばっかりで生活に刺激が足りていないと感じる人にはうってつけな番組。

星野源のオールナイトニッポン

cl_20161011112227_7997375.jpg

星野源のオールナイトニッポン | 検索結果

「今人気のタレント」と言えばりゅうちぇると星野源です。その星野源がラジオ愛があって深夜ラジオの王様、伊集院光の裏でやると言えば聞かないはずはないでしょう。聞きますよ。

星野源が喋ればニュースになる今のタイミングだからこそ聴いておいた方が良い。単純にこの番組は分母が多い。真田丸、逃げ恥、恋、次々と話題の物にかかわっている星野源、「凄くイケメンじゃないけどちょっとエッチで音楽の趣味もハイセンスで多芸で手が届きそうな顔をしていてなんか良いよね(想像)」という女性達の声の中、みんな聴いてますよ。特に10代~20代の女性、と以外にも若い男性にも聴かれている様子。

なぜそんなこと言えるのかと言えばこの番組はリアルタイムで事が動く。ジングル(ラジオ内のコーナー切り替え時の音声)募集のコーナーで「〇〇君大好きです」なものが流れれば自称〇〇君がすぐさまメールを送りつけてきてそれが読まれる。「今」を聴いてるどこかの誰かがリアクションメールを送って皆で愉しむ空間がそこに出来ている。聴いてる人が大量に居ないと、大量のメールが送られてくるような解りやすいお題が無いとこんな芸当は出来ない。

タイムフリーで聴くとなるとその「今」を共有している楽しさが無いかもですが、楽しい気持ちに、楽しい一体感を感じられるのでとてつもなくオススメです。

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

cl_20161221141410_8263296.jpg

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル | 検索結果

映画批評のコーナー、「週刊映画時評ムービーウォッチメン」が抜群に面白い。

全体が映画批評の番組ではないので、基本的にはライムスター宇多丸の生放送トーク番組。一人喋りが軽快に進む人の話というのは気持ちが良いし、映画批評のコーナーではランダムに決まった映画をライムスター宇多丸が一週間の内に見に行って次回に批評するというコーナー。あらかじめ決まっているのでリスナー達から映画批評のメールも受け付けている。

ヘビーリスナーではないのだが、映画「ザ・コンサルタント」の批評の回が良かった。ネタバレはせず、印象的な映画の紹介や映画の重要な部分を隠しつつリスナーからの映画の感想を上手くまとめ上げ、「どのような映画なのか」を紹介していく。あの話芸を聴いた後で文章で表現しようとするとどうしたって難しいし恐れ多い。映画、実際に見に行ってめっちゃ楽しかった。上手い映画批評を聴いてから見る映画は理解しやすくてプラスに働きますね。1年を通しての映画批評ランキングは以下の記事にまとまっているので参考程度に。

ライムスター宇多丸のシネマランキング2016、結果発表!|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

OTHERS

cl_20161004164032_4457572.jpg

OTHERS | 検索結果

この中で一番人気が無い番組と言っても良いかもしれません、肌間隔でなんの根拠も無い個人的な人気度の順位付けですが。だけどこの番組は面白い。「ラジオ好きなんです〜、たとえば”ふかわりょう”のOTHERS(アザーズ)とか」と自分の好き度合いを紹介する時の軽いジャブに使ってます、この番組は。

ふかわりょうと言えば内村プロデュース。最近では5時に夢中のMCですかね。昔に比べてテレビ番組には出なくなりましたが、彼はラジオの人間です。テレビの世界は全体芸で他の縁者との共同作業で面白さを演出していくのですが、それが”ふかわりょう”その人には全く合わなかった。と言っていました、ニュアンスは違うかもですが、そのニュアンスが違うせいで全く意味が違ってしまうことも多々ありますがそこは前後の表現をするためだとご理解ください。一人作業であり、個人の面白の判別フラグが重要なラジオという世界にズブズブとハマっていくのがこの”ふかわりょう”という人です。ラジオ界では「ロケットマン」と言うこともあるらしいです。前身の番組(?)の影響なだけで、この番組内では別に名乗りはしないのですがね。

特集が面白い。変な人を連れてくるのがめちゃくちゃ上手い。「片手袋の収集家」を連れてきて面白の内容に変換してしまうなんてどんな事考えてればそんなことが出来るんだ。ただ、地味だ。

あ、安部礼司

cl_20161020005243_9797956.png

あ、安部礼司 | 検索結果

正直に言いましょう、この番組は聴いてない。だけど、専門外だけど紹介する理由はある。

タイムフリーなので聞き逃した回があっても1週間以内なら振り返って聴けます。続き物だったりドラマなんかが丁度良い。ラジオにもありますよ、有名なラジオドラマ。あ、安部礼司。

ごくごく普通であくまで平均的な45歳の安部礼司がトレンドの荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長のコメディである。

『あ、安部礼司』とは – NISSAN あ、安部礼司 ~ beyond the average ~

コメディのラジオドラマ。TOKYO FM作成で37局ネットで放送

REDNIQS(24時台)

cl_20161031174002_3845358.png

REDNIQS(24時台) | 検索結果

音楽番組も取り上げたかったのでこちらを紹介。音楽番組といえばジェットストリームとかとかあるでしょうが、たびたびランキングに上がってくるのがこちらなので。

軽くですが聴いた限りだと話題のアーティストさんが出演される様子、そこまでガッツリ話をするわけでは無くて曲を愉しむための番組。3時間番組のはずですが24時台など区切られてるのでかいつまんで聞きやすい物になっています。

碧と彩奈のラ・プチミレディオ

20160927220522.png

碧と彩奈のラ・プチミレディオ | 検索結果

最後にバリバリ趣味全開の物を上げときます。ラ・プチミレディオ、女性声優の番組。番組の一番最初に小っ恥ずかしいエチュードが入り、「可愛い声優さんがキャッキャしてる番組かな?」と思いきやそうはいかねぇよと合間にチャチャを入れながらこなしていく様は聴いていて楽しいです。が、あまり女性声優に免疫といいますかあの雰囲気を大勢の人達が楽しめるかどうかは疑問が残ります。最近はあまり抵抗がなくオタクアピールしてる人も多いようですが、00年代オタクなのであまりおおっぴらには言えずに抵抗が残ります。

ラジオの話、この番組は悠木碧のノリが良いこなれてる話と合間に入る演技がバリ美味くて振り幅が強い番組です。女性声優がキャッキャしてるだけで楽しいんですが、そこに男勝りな二人がおっぱいやエッチっぽい言葉を言って楽しむという番組です(強調しやすい触りの部分を言っただけで良さは他にもありますが、細かく説明して解りそうも無い部分なのでそういうネタ振りだと思ってください)

番組紹介 : 番外 – ワイド番組

タイムフリーだからこそ、頑張れば聴けてしまいます。ですがワイド番組、平日の月曜から木曜までの毎日やっているラジオの大道、ワイド番組は「タイムフリーだけで聴く」「初めてのラジオ」には不向きだと感じています。だって毎日やっちゃうとがんばって聴いちゃうから。頑張らないで聴いて欲しいなラジオって物は!

それにワイド番組をやってる人はまさにニッチな人、あまり他で人気な人はギャラが少ないラジオ番組には出ません。拘束時間が長くてギャラが少ないワイド番組なんて物好きじゃないとやりません。ですが、ゲストが豪華で企画の数が必要なので面白いのが生まれやすい。

その点を踏まえつつ、個人的にオススメであり、毎日の作業BGMには良いかもとの気持ちから番外編として紹介。

ミュ~コミ+

cl_20161011112212_6474639.jpg

ミュ~コミ+ | 検索結果

一番はじめにこの番組名見て俺は思ったね。「オタク臭い」

そうなんですオタク番組です。しかも10年以上前ぐらいのネーミングセンス。メインパーソナリティが吉田尚記アナウンサー、ニッポン放送の社員さんです。ある程度年齢がこなれてきてオタクでネットに強くて好きな事をごちゃ混ぜにやってる番組がこのミュ〜コミ+プラス。この人権力も付いてきてるので気に入った人なんかは自分でブッキングして番組に仕立て上げる行動派です。

オタクといっても何種類か居ますがアイドルオタクですね。なのでアイドル色が強め。だけど話題のバンドや歌手、劇作家や映画監督に漫画家と声優。サブカルチャー全般を取り扱ってる番組。

SCHOOL OF LOCK!

cl_20161006195052_82605.png

SCHOOL OF LOCK! | 検索結果

番組表見て顔写真も無いし誰だか解らん人達がやってる番組だなと思ってたらラジオCMで自分らで「誰だよ!」のセルフ突っ込みをしているファースト・インプレッション。

10代の学生リスナー達向けの番組。ラジオの中だけの音楽番組、スクールオブロック、ロックのスペルはLOCK。学校という定で中高生向けの番組、アイドル、俳優、アーティストの箱番組を挟んでリスナーと電話を繋いでクイズを出題、正解数で賞金獲得が出来る。番組連動の掲示板も存在して、「聞きながら携帯、スマホを弄って書き込みも出来るので参加している感が持ちやすい」というのも良いのかも知れない。自分のリアル学生の時に出会いたかった番組です。

radikoタイムフリー番組の紹介サイト

この他にもradikoタイムフリーを取り扱っているサイトを紹介。他にもあれば私に教えてください。

radiko.jp|インターネットでラジオが聴ける

radiko公式で紹介しているブログがあります。ニッチ系ではなく有名どころを紹介しています

週刊ラジオ情報センター | カルチャー情報サイト「yoppy」

ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記が紹介しているツイキャスでの番組を記事に書き起こししているブログ(サイト?) 上記で紹介しているミュ〜コミ+プラスのパーソナリティー。アナウンサーですがオタクでネット系に強くてラジオ愛があって前に出る人なのでこういうのは得意です。ばりばりニッチな番組を紹介してる。

片手間に聞く今日のラジオ | 毎日更新の今聞けるラジオ紹介ブログ

自分が運営しているブログサイトです。昨日人気だったラジオをランキング形式で紹介、メール通知にも対応しているので軽くザッピングしたり、その日聞くラジオを決めたりするのに良いサイトです。

最後に

ラジオだけを集中して聞くようにするとすぐに飽きると考えています。移動中、ご飯食べてる時、朝の支度の時、作業用BGMにしたり。ながら聞きをするのが良いメディアだと思っています。あまり肩肘張らずにながら聞きして、片手間に何となく聞いているのが丁度良い。

podcastやってます。お手すきに是非

https://yatteiki.fm