谷野さんと話しただけなのに何回救われたんだろう

人付き合いとか全然好きじゃなかったんだけど最近はがんばるようになっていて、寂しいとか不安とか、利用してやろうとかそういう気持ちは少なからずあって、だけどそれは1割だけとか、それをするための自分自身への言い訳とか、きっかけだけでしかなくて、人付き合いを頑張るための原動力はでっかいちゃんとしたものが自分の中にあるのはわかってる。

だけど面倒くさいんですよね人付き合い。そもそもなんですけど。

人の顔色とか現状から来てそうな不満なところとか、「こうすれば喜ぶんじゃないか」、相手に興味を持って相手が好きな事を探り出してその話を引き出して自分の感性とすり合わして「え、じゃあこういう場合はどうなんですか」とその相手の別の視点からの疑問を投げつけて相手に刺激を与えて考えて「こういう事じゃないか」と仮定を導き出して次回はその話を別の人に伝えて相互作用というか無限な組み合わせを作り出して相手の話を聞き出すことによって「理解された」という快感を相手に植え付ける。

もしくはアンテナを常日頃に貼っておいてある程度の基礎知識を備え付けておいて、相手が話した内容の広がりを持たせるために「私はこういう知識があってその考えはこの観点で似ているのでこういう問題があるのではないか」、ちょっと硬いな、「菅田将暉が好きなの?あの人ってご飯の時にはいつも牛乳飲んでるらしいね」とか投げたりするために情報は得ておいて、イベント事はアンテナを貼っておいて「あの人が好きな食べ物のイベントがやるから誘おう、この機会にこの人と一緒に行けば面白そうだぞ」とかの機会を逃さないようにしておくとか

相手のした事を覚えておいたり、しなかった事を覚えておくのも重要で、普段ならこの反応をするのに今回はしなかった、常識的に考えて会話の中では普通のことを言うけども、たまに私情を挟んだただの好みを投げたり、相手の感情を揺さぶる事を言ったり(失礼じゃない程度だったり言うときは言ったり)、不安を解消するためを考えたり行動したり、解決するための状況を作り出したり、言いやすい環境を作るためにバカを演じたり、バカなんですけどね。いびつな状況を楽しむのも重要だな。とにかく面倒なんですよ。楽しんでやってるんですけど、面倒な手数がたくさんある。

そんな面倒な人付き合いを頑張ってるんですが、元々人と話すことが苦手だけど、人と話さないと不健康になるというのは分かっているので、というか人に理解されたり興味を持ってもらいたいだけで、目の前にいる人間にも絶対にその興味を持ってもらいたい欲求なり快感なりがあると思っていて、それを引き出すことができればそれは人付き合いとしての成功というか、私にも興味を持ってもらえるので楽しい環境になるのです。

興味を持ってもらえると嬉しい。だから自分にしてほしい事を相手にする。

面倒なんですけど楽しくなるのでやっている。

それが自分の近況で、なんでそんな考えになったのかなと風呂に入ってる時に振り返ってみると、谷野さんとの話が根底にあって、何度も何度もその話を思い出して人付き合いを円滑にするためにはどうするべきか、自分がされて嬉しい事を、例えば気軽に話しやすい環境に話しやすい人がいてくれれば、その人と自分の場所だけになっていて、ぶっちゃけた話をしやすい状況になっていてくれれば弾みで話しやすいのに、って気持ちがあるのでその環境を作り出したりとか、何度も谷野さんの言葉が思い出されて、その言葉の派生した考えで寂しい時にも気を保っていられてゆっくりと眠ることができた。救われて来た。

その谷野さんっていう人は、私は高校卒業後に大手印刷会社に就職して、その会社に派遣として働いていた人が谷野さんで、卵型の顔の形をしていて天然パーマ、髪が肩まで伸ばしていて身長は170程度、体型は普通より少しだけ肉つきが良くて、べつに太ってるわけではなかった。元は古着屋の店員で服が好きでおしゃれで、当時住んでいた家の2部屋あるうちの1つは服で埋まっていたほど持っていてヤフオクで売るのが最近の趣味みたいになってたらしい。私が木尾士目の五年生を読んでいた時に、谷野さんが覗き込んで来た時があって、sexをした後の別れ話をしていたシーンで男女が裸だったので一瞬エロ本を会社で読んでいるのかと疑われたが「いやいや、別れ話をしている男女のシーンなんですよ」っていったら不思議そうに納得してくれた。そんな谷野さんで、正直話した時間を全部合わしても1時間もなかったよ。だけどすごく覚えている。顔はちょっと忘れて来ている。19才の時にあっただけだから9年前だ。

すごく参っていた時期があって、このまま仕事してても面白くないな、休日には何もすることないな、仕事と家の行き帰りだけだな、2週間人と口聞いてなくて声の出し方がわからなかったり、友達いないし、友達の作り方もわからないし、作るための遊びに行くにしてもどこに遊びに行けばいいかわからないし、行ったところもない食べ物屋さんとかに行ったとして不味かったらどうしよう。

 

「あんまり美味しくなかったら「美味しくなかったね」って話せるじゃん」

 

って谷野さんが教えてくれたのが、今でも救いになっている。

なんで?美味しくなかったって話せばいいじゃん、その通りだ。普通のことだ。だけど、その考えがなかった。人と行くのなら美味しい場所じゃないといけない、知ってないといけない、楽しくないと行けない、嫌われないようにしないといけない、そういったことは全然なくて

美味しくなかったら美味しくないって言えばいい、自分が感じた事を人に伝えていい、失敗していい、美味しくないことを伝えればいい、共有すればいい、ただ遊ぶ理由なだけでいい、誘う理由なだけでいい、一緒に行きたい事を伝えればいい、実際に一緒に行けばいい、話せればいい。良いんだ。

今では当たり前のことなんだけど、世の中の常識かもしれないんだけど、変な常識で凝り固まっていた考えが壊れて自由になった気がして、すごく印象に残っていた。印象に残っている。

思えばこんな当たり前の事を知ってから自分の考えを強く意識したり、自由に振る舞えたりできるようになった気がする。この話をしてくれなかったら今でも雰囲気や普通を意識しすぎて自分では何もできない何もしない人のままだったかもしれない。救われた一言だった。

当たり前かもしれないんだけど、当たり前を知らないままだったかもしれない状況があったかもしれないのが、すごく怖いし、それを知れなかった環境を憎んでいるし、知れるような環境を常に意識して行きたい。知らなかった過去の自分のような救いになるような事を常にしていきたい。あんな状態は絶対にだめだ。

自分がやっている行動の根っこの方にはいつもこの谷野さんの話があるし、人付き合いを頑張るためのでっかい原動力は谷野さんの言葉だ。

広告

やっていきFM1周年に寄せて

今回のブログ記事を書く理由とか、落とし所を考えていて、何か伝えたいものや考えている事はいっぱいあって、その中のどの部分を切り取って書くとか、何の目的を持ってどのような空気感を伝えたり、自分自身のメリットとか「そうなりたいもの」がイメージできていない。

書けるものがあるけど、「どうなりたいか」「何を伝えたいか」が想像できない。書く理由が本当にあるんだろうか。

しいて挙げるなら

  • 広く知って欲しいのではなく、深く興味を持って欲しい
  • Twitterやはてなブログ、動画投稿者以外の、インターネットコンテンツの土台を作って広めたい
  • yatteikiパーカーを買ってもらいたい

ぐらいだろうか。ブログの1記事で伝えられる量にしては多すぎる気がするし、「それぐらい」というよりも「多すぎる」量な気がしている。だけど「しいて挙げるなら」なのでそこまで強く達成したいかと自問するとそうでもない。なんとなく面白そうだから、なんとなくやらないといけない気がしたから、やろうと思った。

こんな楽しくもない文章を読む奴なんているのか。楽しい話にするためにもう本題に入ろう。

やっていきFMとは

yatteiki.fm

個人開発者達がやっていくPodcast
「やっていきFM」「yatteikifm」「yatteiki.fm」とか書き方は色々あって、基本的にpodcastです。skypeでつなげて2人とかで喋ったものを録音してインターネットで公開しています。

個人開発者、の括りが最近はわりと曖昧にしていて、当初はインターネットエンジニアやプログラマーが会社以外での個人活動で何らかの成果物を作っている人達のお話。と、書いてはいるがガチガチに決めてやっているわけではないので「やっていく、活動するための背中を押すためのなにか」を伝えるpodcastになっている気がする。行動した後に「何かそんな感じしてきましたね」ぐらいの個人的お気持ちです。

俺含めて4人ぐらいで初めて、途中で1人途中参加してくれて、だけど参加とかしても足並み揃える必要もなくて、参加してくれる気持ちを示してくれたのが本当にありがたくて、1周年経ちました。

「やっていき」というネームスペースについて

括弧使いすぎな気がする。普通ブログとかで強調したい時には太字とか色つけたりするけど、なんか嫌なんですよね、ライトノベルみたいというか、もうちょっとシュッとした記事書けないんですかね自分は。

ネームスペースについて。

やっていきFMは割と成功しているというか、単語にパワーがあるので広まりやすかったんだと思う。podccastを聞いていなくても面白ワードみたいになって皆んなが使って一人歩きしているものがあるのでやってよかった、行動してよかったと本当に思う。

この「やっていきFM」の命名はみんなで付けたってのもあるんですが、割とその場の勢いで盛り上がった所を本気にした俺が勝手に動いて形にしたんですが、元々この「やっていき」ネームスペースはあった気がする。誰が始めたかは解らないんですがTwitterで使っている方が居て、面白ワードやんってなって その場の勢いで盛り上がったから多分みんなの脳の端っこの方で認識して居たものをちゃんと名詞化して広めたってところです。作ったというよりも広めたってだけなので、割と美味しいところを持っていっただけなのが正確だと思います。

なので最初に考えた人はスマン。だけどこれ使って面白コンテンツ作る覚悟だから許してくれ。

1周年ですよ

生配信をしました。

Twitterで当日告知、Twitterで騒いで居たぐらいだからヘビーにpodcastを聞いてる人はまだ知らないかもだけど、1周年企画として生配信をしました。アーカイブ動画があるからいつでも聞けるし見られる。podcastは基本撮って出しだけど後から「ここまずいな」って所あると編集する時もあるんだけどYouTubeのアーカイブ動画は本当に撮って出し。グダる所もあるけど、お互いの空気感がすごくわかるようになってる。どんな顔してるかとか姿勢悪いなとか。

podcastでもその件に触れた回を収録してあるので、そのうち聞けると思います。反省会的なやつ?

生配信では結構KPT(いい事/悪い事/やる事)を話すのがメインになっていて、「やっていきFMを1年やってのKPT」でホワイトボードに書き出して行きました。その写真がこちらです。

生配信を終わってから思うのはやっぱり皆んな真面目で、エンタメ寄りじゃなくて、もっと頭の根っこの方で「お前は何をやりたいんだよ」ってのをお互いに刺激し合えたのでよかったですね。自分のメリットばかりを考えてちょっとズルしようと考えたりする人もいなくて、みんないい人です。メリットで行動しようとはしないから交渉とかお願いがしづらい面もなくはないんですが、それは別のお話。

あと見所は1:42:00 の私が詰められてしどろもどろになっている所です。どうやらその部分は弊社の社長や総務の人に知られているらしく、酒の席の中で「給料とか少なかったら言ってね」「辞めるの許さないからね」的なことを言われました。いやー酒のおかげでこういう話が聞けるのは本当に面白いですね。

明確なやりたいことはまだ解らないんですが、この場所を使った面白いことや、自分のメリットとなることは何か続けて行きたいと考えて居ます。ちなみに自分のメリットは自分自身が犠牲になってもみんなが救われる事ですね。そこがブレなければ柔軟に行動できるはず。話がずれた。

これからどうするの

最近はpodcastを撮るのを中断していたところがあるんですが、また再開していくつもりです。直近では「定番の話すネタを作る」「絵描きの人にも刺さる人をゲストで呼ぶ」ですかね。プログラマーの作業中のお供のpodcastと、絵描きさんにも刺さると作業中に聞けるし、今のTwitterは絵が書ける人が強いので、その書ける人に刺されば拡散力は半端ないですしね。

あと立川で活動してwebサイトを作るとか。。できる道筋がまだ立っていないのがどうにも。やっていかねばなるまいよ。

 

最後に

1周年記念として @itopoid がアパレルグッズを作ってくれました。

YATTEIKI PROJECT SHOP

かなり気合入れて作ってくれていて、アパレルとか詳しくない俺が「SUZURIとかでいいんじゃない?」と言っても「SUZURIよりも安くていい材質の物が作りたい!!!!」という強い気持ちで作ってくれました(生配信で口に出して言ってたから書いていいはず)。超気合入ってるものなのでみなさん買いましょう。1回会社に着て行って快適でした。

記念グッズなので、残念ながら今週の日曜で注文締め切るらしいです。超重要情報です。みなさん、買いましょう。買えなかったみなさん、Twitterで悔しさをつぶやきましょう。

ここまで読んでくれた人はすごくありがたい。相当な物好きですね。なんらかの気持ちがあるか、相当な暇人かなにかです。

よければなんですが、やっていきFM1周年ということで、私が自分で過ごした1年はどういう1年だったかがわかるんですが、伝わっているあなたの1年や、やっていきFMがあった事で何かを感じたり変わったり、感情が揺さぶられた事をぜひ何かのツールを使って発信して欲しいです。Twitterで #yatteikifm で呟いたり、メールを送信したり、soramugi.netの一番下にある匿名でメッセージを送れるフォームにURLだけ投げるだけでも構いません。私が興味があるあなた自身の事を、教えてください。

書き始めたら割と乗ってきて書ききれましたね。

第4回やっていき場レポート

やってきました。

月に一度のやっていきたい人たちのためのもくもく作業会場、やっていき場の第二回を開催します。 やっていき場とは、月に1度開かれるみんなの作業場です。場所は板橋区下赤塚。 近所に商店街や銭湯が並ぶ情緒溢れる下町にある、築六十年の古民家を少しずつ改装して作った場所です。

第4回やっていき場 | yatteiki.fm

今まで一円市やら月報回やらをやっていて、今回で第4回目です。

夏の食べ物です。

夏なのでプールを設置して勝手に涼んでいました。

プールで涼んだ後はシャボン玉をやっていきます。

お土産の「まっしろな夏のカレンダー」を埋めました。まだまだやれることがある。

次回は8月26日だそうですよ。

山登りの予定が入っているのでやっていけない可能性が高い。

♨️銭湯に持って行くものは手ぬぐい一本🎗で良い

銭湯に週1で行くようになって7ヶ月が経ちました。最初は銭湯に行くたびにバスタオルやらハンドタオル、髭剃りに石鹸に用意して行っていたんですが正直持って行くものが面倒臭い。

いつも行く銭湯は立川の梅の湯さんに行っているんですが、梅の湯さんはバスタオルの貸し出しなんかがあるので最悪忘れてもお金出して借りれば良いんですが、出先で「なんか銭湯あるやん、入ったろ」とかで行く時に、銭湯によっては付属品が無かったりレンタルが無かったりするのであの銭湯はバスタオルの貸し出しがあったが、今日の銭湯はバスタオルがなかったが普通にあるので、初めて行くような銭湯では貸し出しは当てにならず、毎回フルセットを持って行く必要があるので「なんか銭湯あるやん入ったろう」がほぼ不可能だったのが小さいストレスを感じるようになっていました。

手ぬぐい一本で良かった

自分は趣味で手ぬぐいを元々買っていて、外出時の手拭きや緊急時の鼻をかむ時に(鼻炎持ちなんです)使っていました。

最初のお風呂セットを用意する時に身体を洗うためのゴワゴワのタオル状の奴(なんて言うんですかねあれ)を持っていくのも面倒だったので、普段持ち歩いてる手ぬぐいを使って身体を洗っていて、銭湯に備え付けのボディシャンプーを付けて泡だてて身体をゴシゴシと。ないときはお湯で身体を温めてからゴシゴシするだけで汚れは落ちます。

手ぬぐいで洗ってしまえば、バスタオルだけ持っていけば済むようになりました。濡れた身体を乾かすためのバスタオル。毎回トートバッグにバスタオルを入れて持って行っていました。

ですがバスタオルもそれなりに大きいし、使ったら洗濯してまた持って行くのが面倒だと気づいて。正確には「面倒とは感じないほどに習慣化していたが、これを無くせば必要な手数が減る」と気づいたのでなくしてみる事にしました。

調べてみると手ぬぐいだけで身体を拭いて、濡れたら固く絞り、また拭くを4回ぐらい繰り返し、あとは脱衣所でブラブラして乾燥させたり、備え付けの風呂場にある椅子に座ったりして乾くのを待つ。という方法があるのを知って、試してみるとこれで充分だと気付くことができました。

バスタオルなんかはフワッフワで乾燥しているので、バスタオル拭いた方が気持ちがいいし、しっかり身体が拭けてそっちの方が良いんですが、手ぬぐいだけで済むことが出来るならこっちで良いかなと。何より何も用意しなくていけるのが非常に楽で良かったです。

今では手ぬぐい一本で銭湯に行くようになりました。

手ぬぐいの色々

今まで買ってきた手ぬぐい

折角なので今まで買ってきた手ぬぐいや活用方法などを書いていきます。

価格は一本千円です。ただの布切れと考えるとちょっとお高め。(私も高いと感じる)

だけど、使いこなして見ると案外なんでも雑に使えて

  • 手を洗った後、汚れた時の手拭き
  • 暑い時の直射日光避けに首に巻く
  • 濡らして固く絞って首を拭って暑さ対策
  • 汗を拭う、案外拭うだけで涼しくなります
  • 雨に濡れた服やカバン、髪の毛から雨の雫を拭き取る
  • 風呂敷代わりに小物を包む(ペットボトルぐらいなら余裕)
  • 鼻をかむ
  • 何よりも銭湯に使える

「濡らしてもすぐ乾く」という認識が強いので、積極的に汚している面があります。汚せる奴。

それに、使って洗濯する回数が増えて行くにつれて何故かふっくらして来て使いやすくなっていきます。旅行先のお土産物屋にもオリジナル手ぬぐいが置いてあったりするので「なんかあるしとりあえず買っとくか」ぐらいで買えてかさばらないのがポイント高いです。

ラジオが90年続いた理由📻とこれからブームになる理由🌅

私が初めてラジオを聴いた時は「まもって守護月天!」のラジオ番組でした。

当時、小学生の時にハマって読んでいた漫画だったんですが、アニメ化した際の声優がやっていたラジオ番組。文化放送でやっていたと思います。その存在を知って物凄く聞きたくて母にラジオの聞き方、録音の方法を教わった思い出があります。

ですが自分が住んでいたアパートの部屋からはラジオが上手く聞けず、毎回ベランダに出なければいけないのと、「音だけで会話を理解して頭の中で組み立てる」という作業というか、頭の回転の仕方が不慣れだった事もあり、面白さがわからず、そのうち聞くのをやめてしまいました。

あれから15年(綾小路きみまろ風)、今は毎日ラジオ番組を聞くようになりました。それはラジオが、ラジオだからこそ空気が伝わり🗣、マスではなくキュレーターからの娯楽🎪で、何よりも耳がまだ空いている👂からだと思っています。

まずは90年経ったラジオの話から。

日本のラジオは始まって90年経った

アーアー、聞こえますか。……JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始致します

ラジオ – Wikipedia より引用

まず初めにラジオの始まりから、1925年(大正14年)3月22日9時30分 から日本のラジオ放送が始まりました。今が2017年なので92年前です。上記の引用はその時の最初の放送での言葉です。

そんな大昔のメディアであり娯楽であるラジオが、音しか伝えることができないラジオがワイドFMが開局によって変わり、radikoの存在とタイムフリーでネットとの親和性と時間の束縛がなくなりました。

content_radio_784px
「ラジオは、いま買え。」ワイドFM開局、今までAMでしか聞けなかったラジオ放送局がFMでも聞けるようになって、綺麗な音で、聞けるようになりました。それと電気屋がラジオを売り出す口実ができた!
スクリーンショット 2017-06-17 13.08.26
ラジコの楽しみ方、インターネットが繋がっていれば聞けて、タイムフリーによって過去のラジオコンテンツが1週間以内ならいつでも聞けるようになった

90年経ったというのに新しくて大きな変化がありました。「コンテンツを広く楽しむ」ための土壌が出来上がってきた。

娯楽コンテンツがそこら中にある今の世の中に、新しいものが出たら少しはやってまた次の新しいものが出て来る世の中に、こんな90年も経っている古い娯楽がまだ残っているなんて、ちょっと不思議ですよね。

🗣空気が伝わる

嘘、冗談、歓迎のための弄り、仲間に入った感じにさせるためのお決まりのキャッチボール、嫌なことを伝えているがその人を嫌いになったわけではないこと、誰かを信頼しているということ、傷つけたくないが面白くはないこと。全部伝わって来る。

文章や切り抜きの言葉、歌詞や「全体の集まりの空気を読んで発言する一言が重要なテレビ」だけではわからない、その人の考え方や何を重要にして、どんな過去がありそうだ、と読み取れる(聞き取れる?) 耳で聞きながら頭の中でどんどんとその人自身が膨らんで行く感覚。

その人を構成している情報や今の空気感が伝わるので無限の楽しみが生まれて行く。

🎪マスではなくキュレーターからの娯楽

本屋さんが潰れない理由は確実にあって、インターネットを使って欲しい本が瞬時に探し出せて、ワンタップで買えて家に届くのに本屋さんは潰れきっていない。

それは「本と四六時中触れ合って生活している人が良いと思った本」が行けば並んでいる空間が本屋さんであり、数多くある本の中で売り場面積の都合から厳選していい本をキュレーションしてくれる本屋さんがインターネットの本屋さんとの差別化ができているので潰れて居ない本屋さんがまだまだ沢山ある。

同じことがラジオでも頻繁に起きている。というかラジオはキュレーターのメディアであり娯楽だ。

ラジオは1人から2人、多くて3人でやるのが主流で、ラジオメールやハガキを読むために上から順に読んで行くということはなくて、面白かったり都合が良いものをキュレーションして読まれて、日々の出来事やニュースを話し手がキュレーションして話されていく。

インターネットの本屋さんは無目的の人にはランキングというマスの仕組みぐらいしか提供ができないが、ラジオは話し手のキュレーターとしての能力がもろに出て「その人の価値観から来る話」が超重要なコンテンツになっている。

これは話し手の数だけ無限にコンテンツが生えて来るのでキリがなく、超面白いコンテンツです。

👂耳がまだ空いている

目から入って来る情報は目で見ないと入ってきません。当たり前のことですがこれは非常に大きなデメリットです。

このデメリットのおかげで、人の目につきやすい目立つ広告や目に入りやすいページデザイン、目に入りやすい操作方法や目に入りやすい画面サイズ、目で解りやすいように人の世界が構成されています。

目で見て生活しているので当たり前の事ですが、目で認識できる事は情報量が多いというメリットがあるので、目を使って認識する情報や娯楽が無数に存在しています。言ってしまえばコンテンツを作成する側は目の奪い合いです。

だけど、耳は空いています。耳の穴が空いているので耳で感じられる事はまだまだ可能性があります。イヤホンをしていたり、「音がしている場所」だと音が混ざってしまってどちらも意味をなさなくなるデメリットはあるのですが、道行く人たちの耳は空いている。

耳が空いているのであれば、それで楽しむ余地がまだまだ存在している。

まとめ

(あと細かいことを言うとradikoが電通と組み、TBSラジオが始めたラジオクラウドが博報堂と組んでいるので人は流れて来るだろうなとは思います)

以上のことからラジオがブームになると言えるのではないか、と思います。というかもうなっているんですかね?ラジオ業界の外野からヤイヤイ言ってるだけなので、業界の人からも色々と聞いてみたいものですね。

興味があればこちらも御覧ください💁

ラジオに興味が出たけど何を聞けばいいかわからない方

タイムフリーで聴ける最強のラジオ番組を紹介 – 手帳は続きません

個人でやっているpodcastもあるので、こちらも良ければ聴いて見てください

yatteiki.fm

転職して6ヶ月

20150531110728

podcastの方で話して居たけども転職をしました。すでに6ヶ月が立って居ます。podcastの初めの方で「かなめい株式会社の」と言って居たので、転職したことを言っておかねばという義務感が強い。

今はビサイド株式会社でやっております。

前まではweb系の会社ばかりだったけど今度はガチガチのゲーム系で、web系では普通にやって居たことが通用しなかったり、web系では難しいことが普通にできてたりと色々と新鮮。

ゲームのコードをガシガシとかではなく、jsやらPHPやらLinuxやらをやっています。C++やC#やUnityの方がメインのエンジニアリングの会社なんですが、今のところは読むだけでなんとかなっています。そろそろUnityぐらいを触れておかないとという気持ちはある。

 

何で転職したの

生活優先するために立川近郊で働きたかったんです。

立川なのは理由があって、もともと立川近くに住んで居て、街並みが気に入ったのと「なんか面白そう」「面白いことができそう」な感じがすごくしたから。仕事以外のコミュニティや関わりを作って何かをしたくて、それをするには立川近郊で働くのが都合が良かったというものが大きいです。

何するの

仕事面では やること、やれることが沢山わかってきているので手をつけているところです。UnityやC++なんかが長期的課題としてはありますが、目先のことでは運用ツールとしての管理ツールや自動処理などが圧倒的に足りて居ないので手を入れているところ。

課題管理もできて居なくて、何かを実装してから「実はこんなことをして居てすごく面倒だったんで楽になりました」ってのが後から来るので(言われてない、相談されてない、そもそも気づいて居なかった) 雑談したり、日常的な作業方法を横から見たりして感じ取って、仮定を考え勝手に作成(仮定で相談しても想像しづらい)してみて使ってもらって想像して改修していくので非常に時間がかかる。

どう根回しすれば課題管理がされていくのかが今後の課題ですね(メタファー的な言い回しではない)

生活面では個人開発に精をだしています。WordPressやシェアラジオのサイトPodcastにYii2使ったサイトにiOSアプリ開発なんかに手を出して行くところですね。

IMG_3115
今は亡き東亜飯店に行った時の写真。この時に行った3人中2人は転職しました

で、誰

当方Webエンジニア。サイト見てくれ

https://soramugi.net

100のリスト4月の進捗

2017年やりたいことリスト
進捗情報です

– [x] 1. クレジットカードの切り替え
– [x] 11. 立川梅の湯以外の銭湯に行く
– [x] 17. 片耳イヤホン買う
– [x] 20. シャツを買い替える
– [x] 23. 空気の酸素濃度やコンディション確認ツールの購入

Elgato Eve Wireless Room Sensor
これ買いました

– [x] 36. 歯の詰め物
– [x] 44. 給与アップ交渉

上がりました

– [x] 49. 園芸家の12ヶ月、読む
– [x] 50. ツチヤタカユキ、読む
– [x] 54. 会社の人と飲みに行く
– [x] 59. 習慣のリマインドをリマインダーに移行
– [x] 64. marqueeまとめサイト作成

marqueeタグを使ったwebページまとめサイトを作った話

作りました

– [x] 72. 嫁のロシア語サイト作る

– [x] 73. おかかご飯のサイト作成

おかかご飯
作りました

– [x] 77. wpのテーマ編集をもっとカジュアルに出来るシステム作成

wordmoveを使ってwordpressのソースコードを持ってきてテーマの編集を行う。

いい感じです

– [x] 97. タンス整理

16/100完了、進捗悪いです