📻ラジオ機器を購入する時のオススメと目安

みなさんラジオ聞いてますか。私は録音したラジオを好きな時に聞いています、録音に関しては昔に書いたこれらの記事を参照いただきたい。

📡ラジオの録音について考える
📻録音ラジオを聴くための宅内Podcast環境のススメ
🦜radikoタイムフリーのダウンロードアプリ「inco」を公開しました

現状のラジオを録音する流れとしては

  • SONYのICZ-R110で録音予約
  • 1週間に1回PCに録音ファイルを取り込み
  • ボリューム調整や軽いノイズ調整をして宅内Podcast環境で配信
  • iPhoneのPodcastアプリでダウンロード
  • 聞く

電波状況の問題でノイズだらけだったり、時間被りで録音出来ない番組を聞く時にはradikoタイムフリーで聞く、もしくは上記に記載したダウンロードアプリ「inco」を使って音声をダウンロードし宅内Podcastで配信して聞く流れを毎週行なっている。

聞きたい番組が数番組しかないのであればradikoタイムフリーで事足りるのかもしれないが、1週間に10~15程度存在しているので、radikoのような1週間で聴けなくなってしまう形式だと聞き忘れが発生してしまうためにこの形に落ち着いている。

録音ラジオに関してはこれで問題ないのだが、今回の記事は「リアルタイムでのラジオ聴取でおすすめのラジオ機器」を書いていきたい。

おすすめのラジオ機器

結論から先に書くとドンキホーテで売っているDSPラジオが最強です。これ買っておけば間違いない。

ドンキのDSPラジオ、2千円でお釣りが来ます
細かくマイナーチェンジしているので同タイプはないかもしれません。
同じ価格帯のラジオは用意してくれているはずです

ラジオを聴く手段。radikoがあるのでそれを使えば良いんですが、インターネット回線が必要なので外出時に通信量を気にして聞かなくなってしまうのと、wifiがある家のなかでもiPhoneで流してしまうと音を占有してしまうのでちょっとした動画を流すだけでストップしてしまい操作性に不安があります。

スマートスピーカー等で流せば良いのですが
「OK グーグル、ニッポン放送つけて」と放送局を叫ぶ必要があるので「次、次」とラジオ番組を巡回する作業ができません、記憶している放送局で流れている番組を強制的に聴き続けるのが少しだけストレスに感じます。
(ほんの少しだけ、なので事実として私はスマートスピーカーでラジオを聴く回数の方が多いですが…)

radikoで聴ければ問題なく思えますが、自由とは依存先を増やすことなのでradiko以外にラジオが聴ける環境、ラジオ機器を購入することを考えました

そのためポータビリティ性に優れて、複数買える値段が安いもの、なによりも日常的に使うことに耐えられる機種に重点を置いています。

一般的にラジオ電波をキャッチして聴くことができる機器は

  • ラジオ専用機器(いわゆる名刺サイズラジオ)
  • ラジオ専用機器(ホームラジオ)
  • ミュージックプレイヤー
  • 特定のAndroid端末
  • ラジカセ

があります。WALKMANやAndroidのBlackBerryKEY2はラジオが聴けるようになってますが、FMを聴く時にはヘッドフォンを繋げてアンテナ代わりにする必要があるため日常的に使うには心許ないです。

ラジカセはそもそも古い機種がなく(レトロ機種は大好きですが)、ラジオ専用機器は玉石混交、当たり外れが大きいです。

大手では

  • SONY
  • 東芝
  • パナソニック

が定期的にラジオの新機種を出してくれているので、いづれかのメーカーの5千円以上の機種を買えばまず間違い無いと思えます。SONYのSRF-19やSRF-R356を持っているんですが特に不便もなく、乾電池が必要ですが少ない本数で済むのでおすすめです。
(バッテリータイプだとバッテリーが先に死ぬので長く使うのならお勧めしません。)

しかし値段が思っていた以上に高い… という気持ちはあります。高い分受信感度も良いのですが、もっと安くて良い商品が無いかと調べると AudioComm製品がお手頃なラジオなんですが、安すぎて受信感度に少々の不安がある製品ばかり。

ですが良いものはあって、その一つの基準としてはドンキホーテで買える2千円のDSPラジオをお勧めします。ドンキホーテはきちんと使えるラジオを揃えてくれているようなので安心して買えます。

再活
このラジオ、ストラップがアンテナ代わりになっているので
(ストラップやぶけちゃったけど…)
FM放送を受信するためのイヤホンが不要になっているのでとても使いやすい
ストラップを適当な出っ張りに引っ掛けてスピーカー出力すればラジオBGM環境の出来上がりです

以上、ドンキのDSPラジオをとりあえず買っておけば良いです。お金あるよって人はSONYの最新機種ですね。

補足: ニッチなラジオ

一時期ラジオ機器を集めるのに凝っていて、ラジオが聴ける端末を買い揃えていました

中でも画像左真ん中のPL-310ETは中華ラジオと分類されて数十年前にはブームになってベリカード(無線局の通信を受信したと証明する書類)収集するための機種として人気だった優秀な機種です。後継機もあるのでSONYの機種よりも聴きやすい時もあるほどです。

他にもお風呂ラジオや特定の放送局しか聴けないバッチサイズのラジオなどもあり楽しいです。メルカリで中古で売られているのを適当に買うだけでも面白いですよ

投稿者: soramugi

#立川 #ラジオ #electron #WordPress #JavaScript #NodeJS #VueJS #Ruby #Rails #PHP #Symfony #Ubuntu #MySQL #文鳥飼い #インフラ #Jenkins

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中